残業少なめの転職を実現するには

残業20時間以内、未経験歓迎なIT求人にご注意

元々IT系で激務を経験した方ならだいたいわかると思うのですが、IT系で楽な残業少なめな仕事ってあんまり無いですよね。

残業少なめの仕事はテスターやヘルプデスクや監視業務の人たちをよく見かけると思いますが、それ以外の職種は会社をしっかり見ないと残業20時間以内で収まらない場合が殆どでしょう。

求人検索をすると「残業20時間以内」「年間休暇120日」「未経験歓迎」といった<span style="color:#FF4E4E;">SEやPG</span>の求人が多く見られます。しかしここは落とし穴があって研修期間中はそりゃ残業20時間以内だわね、という事です。多くのケースで中途採用者に対しても研修制度があり入社から3ヶ月の使用期間で社内研修やプロジェクトにアサインするための基礎研修があります。

基本的に開発で残業20時間以内がずーっと続く、ということは殆ど無いでしょう。経験則的にわかってるはずです。なので残業少なめの転職を考えているなら開発に携わるのはリスクが高いでしょう。私のように激務で体を壊した方にはあまりオススメできない求人ですね。
 

なぜ残業が多い構造なのか?


色んな見方があるので一概には言えませんが、SIerの場合、開発案件は自社開発でなければ上から降ってくるものです。IT業界の多重構造といわれる所以です。下請け、孫請け、ひ孫受けの会社は上の会社からおこぼれを貰う形で仕事を受けているので上から仕事しろと言われればその通りにしないと厳しい現状があります。その代わり一定数の仕事の量が約束されているような構造になっているのです。

上の会社が頑張ると下の会社も頑張らないといけない。担当者レベルによるのですが21時に電話がかかってきて明日の会議資料を作るのを手伝って欲しいとかデータを出して欲しいとか言われる事もありますよね。そういう担当に捕まると大変です。

納品間近のケースもそうですしトラブルが起こった時もそうですね。

だいたいそういうイメージをしてもらうと残業が多くなっちゃうんだな、というのがわかります。

以上のことから開発の仕事への転職はやめて他の求人を探そうという結論になあります。なので開発案件で残業20時間以内というのはちょっと裏あるんじゃないの?と見ないといけませんね。もし人材紹介サービスから開発で残業少なめの案件を紹介されたら疑ってかかったほうがいいです。(社内SEや自社開発は別ですけど)